このページは岐阜県臨床工学技士会のページです。

会長挨拶

会長挨拶

 挨拶に先立ちまして、新型コロナウィルス感染症により、治療の甲斐なくお亡くなりになられた方々、及び7月豪雨災害にてお亡くなりになられました方々におご冥福をお祈りしますとともに、被害に遭われました方々にお見舞い申し上げます。
また、新型コロナウィルス感染症治療にあたられておられます臨床工学技士を初めとする医療スタッフおよび関係者の皆様にこころより感謝申し上げます。

 さてこの程、7期13年の長きに渡り、一般社団法人岐阜県臨床工学技士会を牽引していただいた、野倉正敏会長の後任として会長に就任致しました。本会の会長を務めることを光栄に思うと同時に責任の重さを感じているところでございます。

 今年度は、なによりも、新型コロナウィルス感染症で始まり、今も尚、感染者数は増え続けている状況です。そのような中、我々臨床工学技士の名称がマスコミなどにも取り上げられ世間一般に知られるようになったことは、これまで認知度の低かった臨床工学技士にとって大きな転機になるかもしれません。
また、臨床工学技士の名称が知れ渡る事により、業務内容などにも興味をお持ち頂く方も増えてきているものと思います。医学と工学両面の知識を兼ね揃えた医療従事者として、より一層の研鑽が必要かと思います。
2025年度には、医師の働き方改革による、タスク・シフティング、タスク・シュアリングが実施されようとしている中で、臨床工学技士会として院内はもとより在宅医療も含めた地域ニーズに対応出来る臨床工学技術の提供を目指し、更なる学習機会の提供のため、IT(情報技術)を取り入れた、活動を推進させて参ります。

 微力ながら全力で一般社団法人岐阜県臨床工学技士会の発展に尽くす決意でございます。改めて会員の皆様のご理解ご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人 岐阜県臨床工学技士会 会長 細田勇

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional