告示研修(実技研修)岐阜県開催決定

現在申し込み可能です!

日程:2024年4月6日(土)~7日(日)(2日間)
場所:じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)JR岐阜駅隣接施設、徒歩2分
   岐阜県岐阜市橋本町1丁目10番地11
定員:120名 残席数 61 (2024/02/29)

岐阜県開催であっても、基礎研修(e-ラーニング)を終えなければ実技研修の申込みは出来ません。岐阜県の優先枠はありませんので 120 名定員で先着順となります。
こちらは告示研修の実技研修となりますので、e-learningを済ませた上でのお申し込みをお願いします。

★研修の申し込み方法★
① 日本臨床工学技士会ホームページより「臨床工学技士の業務範囲追加に伴う厚生労働大臣指定による研修(告示研修 2021)」
https://ja-ces.or.jp/kokuji-kenshu/

②「受講申し込み」からアカウント登録
https://reg.ibmd.jp/jace-kokujikenshu/

③ 受講料の振り込み
④ 基礎研修(e-ラーニング)の開始~修了
⑤ 実技研修の申し込み
⑥ 実技研修の修了
※1:岐阜県開催は 2024 年 4 月 6日(土)~4月 7 日(日)です
※2:岐阜県臨床工学技士会で県内受講希望者の取りまとめはしません。
   各個人で実技研修の申し込みをしていただきます
※3:基礎研修を修了していないと実技研修の申し込みはできません
※4:定員は 120 名で先着順となりますのでご了承ください

2023年度岐阜県臨床工学技士会 年会費について

平素より大変お世話になっております。
事務的手続きの遅れにより2023年度の年会費の引落しが遅れてしまっていることお詫び申し上げます。2024年2月27日に2023年度の引落しが行われます。
領収書につきましては、27日以降に葉書にて郵送させていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

事務局

臨床工学技士の研究実施状況に関する実態調査ご参加のお願い

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、私ども特定非営利活動法人日本集中治療教育研究会クリニカルエンジニア部会
(以下JSEPTIC CE部会)では、臨床工学技士の研究実施状況に関する調査研究を実施することといたしました。

本研究の目的は、
 臨床工学技士の研究環境および研究状況を把握し、それを踏まえてJSEPTIC CE部会が研究者支援のあり方を検討することです。
本研究は、聖マリアンナ医科大学生命倫理委員会(臨床試験部会)にて審議・承認を得た上で行なうものです。 
また、公益財団法人 日本臨床工学技士会 のご後援をいただき実施しております。
この計画に参加されなくても不利益を受けることは一切ありません。
10分から15分程度でお答えすることができます。
※個人を特定されることはございません。

ご多用のところ恐れ入りますが、ご賛同いただける場合は、ご回答くださいますようお願い申し上げます。下記入力フォームよりご回答をお願いいたします。
敬具
入力フォーム
https://forms.gle/X89PVwFLQgszntRL6

JSEPTIC CE部会 研究教育担当
川崎市立多摩病院(指定管理者 聖マリアンナ医科大学)クリニカルエンジニア部 
研究責任者:矢田 哲康(やだ てつやす)
お問い合わせE-mail:tetsuyasu.yada@marianna-u.ac.jp
※業務による離席の可能性が高いため、大変恐れ入りますが、お問い合わせはメールにてお願いいたします。
後援:公益財団法人 日本臨床工学技士会

2023年度 GACET呼吸器関連セミナー

たくさんのご参加ありがとうございました。
参加証明書と資料は後日メールにてお送りいたします。
画像の説明

第16回岐阜県臨床工学技士会学術大会

たくさんのご参加ありがとうございました。
スライド1

緊急連絡

能登半島地震(1月1日)石川県で震度7が発生しました。
日本透析医会災害時情報ネットワークが立ち上がりましたので、透析施設の皆様はご登録をお願いします。
https://www.saigai-touseki.net/transmission/
 岐阜県 病院名 登録施設名 入力者 の4点を入力し、入力を続けてください。
よろしくお願いいたします。

お知らせ

他県等のセミナー情報

第34回 日本臨床工学会 in 福井

JACE34.jpg

臨床工学技士の業務実態報告 2023 ご協力のお願い

 会員の皆様におかれましては、ご協力いただき感謝申し上げます。

日本臨床工学技士会の法人設立20周年記念講演会等の動画配信について
2023年3月11日(土)に開催しました記念講演会等につきまして、YouTubeに動画を公開しましたので、お知らせいたします。

・法人設立20周年PV         https://youtu.be/D_NKOEvLdFU
・講演1/三宅先生+講演2/吉野先生  https://youtu.be/xQ3652SyXcU
・座談会                https://youtu.be/i946ibTjhYg

 最新の学会・研究会・セミナー・開催案内 
〇第23回中部臨床工学技士会 in 富山
 2023年10月28日(土)~10月29日(日)
 場所:富山県国際会議場
 https://smartconf.jp/content/chubu23-ce

【重要なお知らせ】
透析患者様でcovid19感染が確認された場合は、日頃治療している透析医療機関より、日本透析医会及び岐阜県透析医会に報告をお願い致します。

岐阜県透析医会
岐阜県臨床工学技士会








  • 「在宅医療における医療機器の保守点検・管理の手引き -治療の流れに即して-」の公表がありました。詳しくはこちら
  • 医工連携におけるガイドブックの案内がありました。
    詳しくはこちら

 

新型コロナウイルスの感染拡大に対する医療機器の保守点検・管理等について
詳しくはこちら

人工呼吸器およびECMO装置の取扱台数等に関する緊急調査の結果について

新型コロナウィルス感染症の拡大により、医療従事者への感染が深刻な状況になってきています。病院の機能を維持するためには、医療従事者の確保が急務になってきております。そのため、不足が予想される医療人従事者(医師・看護師・臨床検査技師・臨床工学技士等)を確保できるように既に医療現場で従事している医療従事者の離職防止、地域の潜在有資格者の掘り起こし、医療現場の人材配置の転換を行うことで、感染拡大時の医療供給体制の維持を図ることが求められています。厚生労働省より都道府県(行政)に対し、各医療機関で必要となる医療人材の情報の提供と医療人材の配置調整の考え方が提示されました。都道府県がコロナウィルス感染症患者の増加に伴い、医療供給体制が逼迫した際に、不要不急の診断を延期した場合に、各医療機関がコロナウィルス感染症、及び不要不急でない一般診療それぞれに、どの程度医療従事者を派遣できるかを調査しております。当会にも都道府県技士会と連携して医療人材の配置を調整するように依頼が来ておりますので、調査にご協力を頂きます様お願いお致します。

2019年版 透析排水基準 が日本透析医学会より提示されました。

  • 【更新案内】
    • 学会・研究会・セミナー開催案内を更新しました。

岐阜県臨床工学技士会主催セミナー開催予定


お知らせ

透析排水装置に関するお願いアンケート結果(岐阜県抜粋)

2017年10月より、入会申込書の登録項目が変更され簡略化しました。古い書式をお持ちの方は、再度入会申込書の請求をして下さい。

  • Y-Boardが運営するメールマガジンへの登録のお願い
    Y-Boardが企画・運営するメールマガジンです。
    (社)日本臨床工学技士会からの情報や、Y-Board活動報告、学術などの情報を月1回配信しています。
    登録には、当会の会員・非会員、また年齢など条件はありません。多くの皆様の登録をお待ちしております。
    現在、岐阜県は登録件数が少ないようです。特に20代・30代の若手の皆さんで技士会を盛り上げて下さい。
    [Y-Boardについて]    [登録]    『若手会員への提起』小冊子

行政

  • 掲載日:平成30年 8月15日
    • 「医療ガスの安全管理について」に関するQ&A---


  • 掲載日:平成22年 8月21日
    • 医療機関等からの医薬品又は医療機器についての副作用、感染症及び不具合報告の実施要領の改訂について---